【勝ち組の選択】トイトイは狙うべき!?

<ポンする?しない?>
・東場の親
・2巡目
・2枚目の「西」が出る

 二萬二萬六萬六萬七萬一筒一筒一筒二索四索八索西西    出る西(二枚目)



<答え>
・ポンしない
・ここで「西」を鳴いてもハイリスク・ローリターン


<理由>
・ほぼトイトイしか見えない手牌
・アガリに最短距離で向かってもリターンが大きくない
・ドラもないので無理してアガる理由がない
・鳴けば当然守備力は落ちる
・まずは手なりで「チートイ」「三暗刻」を目指すべき
・トイトイはトイツとアンコを合わせて5つあるときに狙うもの
鳴いて1シャンテンから鳴け
・データでは実力が上がるほどトイトイ率は下がる




⇒ 強者の鳴き率は?
⇒ 麻雀4大役とは?

【勝ち組の選択】ピンフ vs 役牌

<ピンフ狙いか?「發」狙いか?>
・南3局
・ラス目の親
・10巡目

 一萬一萬三萬四萬五萬二筒三筒七筒八筒九筒六索七索發發  ドラ五萬

<勝ち組の選択>
・「一萬」切り
・ピンフを本命として、「發」ポンにも対応できる形


<理由>
・特に条件がない場合はピンフと役牌ならピンフが優位
・ピンフだとリーチして高得点が期待できるから
・「發」ポンドラ1よりピンフドラ1のリーチは十分勝負手
・役牌のメリットは「鳴けること」
・鳴けるのは大きいけど、元々2枚しかないため出てこなかったり安定性に欠ける
・「点数の高さよりもまずはアガリ優先」という条件でのみ役牌優位
・「一萬」切りは、メンゼンでテンパイしてリーチすることを第一本命として、
 「發」ポンを第二本命とする打ち方
・もう10巡目になっており、ノーテンでこの親を流すわけにはいかない局面
・「リーチ」と「鳴き」を両方残す打ち方が強いので「一萬」切り


※関連記事はコチラ
 ⇒ 役牌のススメ
 ⇒ 鳴きテンパイのタイミング
 ⇒ 字牌 vs 数牌

【勝ち組の選択】鳴きの判断基準

福地氏の鳴きの判断基準は以下の2点。

 ・スピード(アガリまでの時間が短縮できるのか)
 ・打点(打点は落ちすぎないか)


この2点に絞って次の具体的を見ていこう。


<鳴くか?鳴かないか?※子の6巡目>

  四萬五萬六萬七萬七萬九萬九萬二筒四筒六筒白發發   出る三筒   ドラ九萬


<福地氏の答え>
 チーする。

<理由>
 ・一気にスピードアップ
 ・後はポン→ロンでスピード十分
 ・萬子の3~8で七萬がリャンメン化して有効牌も十分
 ・実は打点もあまり落ちない
 ・「發」ポン→ドラロン or ドラポン→「發」ロンでマンガン
 ・ホンイツ狙ってもほぼマンガン止まりの手
 ・この手は「發」ポンできないとそもそもアガれない
 ・字牌は7~8割出る
 

 納得できたかな?
 できなければ本書を買って細かく見ていくことをオススメするぞ~

まぁポイントは、
 ・スピード
 ・打点

この2点のみ。シンプル~♪


また、勝ち負けに直結する最重要技術は
 ①どんなときに鳴くべきか?
 ②どんなときにオリるべきか?
だぞ!とかポロっとタメになる情報が書かれてるんでやっぱり福地本はオススメです。


※関連情報はコチラ
 ⇒小倉孝プロの「仕掛けの基本条件」は?
 ⇒渋川難波プロの「ダマ条件」とは?
 ⇒強者の副露率は?

【勝ち組の選択】強者の副露率

強者の副露率は、こうだ!
(クリックすると拡大)
強者のフーロ率

大体まとめるとこんな感じ。
 ・強者ほど3副露以上が少ない
 ・仮に3副露以上していてもアガリ率が高い


福地氏曰く、鳴いてもそこまで守備力は落ちることはなく、
逆に先にアガってしまうのも守備だという。

データでは3副露すると守備力は落ちるが、2副露までだとそこまで守備力は落ちない。
上の統計でも強者ほど3副露以上が少なく、3副露以上している場合は成功率が高い。
データに沿った者が強者となっている。


ちなみに本での例題はこれ。ポンする?しない?ちなみに6巡目。


  一萬一萬三萬六筒七筒三索四索五索白白西西北   出る白   ドラ七筒

<答え>
 ポンする。白ドラ1でさっさとアガリを目指す。
 先にアガるのも守備の一つ。


ポイントは、2副露まで積極的に鳴いていこう!ってことだな。
3副露以上するんなら、成功率を考える。例えば、 
 ・周りがテンパイしていない
 ・最終の待ちが良い
 ・巡目が早い
 等々・・・

ぜひ参考にしてみよう!!

関連情報はコチラ
 ⇒ 鳴きテンパイのタイミング
 ⇒ 副露別テンパイ率
 ⇒ 一巡目から「チー!」
 

【勝ち組の選択】追いかけリーチの判断基準

まずはこの表を見てもらいたい

IF


 基本的に強者は追いかけリーチは少ないということを頭にいれてほしい。
 やはり先制したものが強いのだ!!

 
 
 ではそれを頭に入れた上で追いかけリーチすべき条件、そして追いかけリーチすべきでない条件を見ていこう。



 <追いかけリーチすべき条件>
 ●手牌に危険牌が少ない
 ●親である
 ●手が高い
 ●場が中盤以前である
 ●南場で点棒を持っていない


 <追いかけリーチすべきでない条件>
 ●危険な余剰牌が複数ある
 ●子である
 ●手がリーチして5200点未満
 ●場が中盤以降で勝負しても和了できる見込みが低い 
 ●南場で点棒を持っている



 
 強者は手が8000点以上じゃないと勝負しないぞ!
 これはリーチの平均得点を考慮してのことだ。
 ⇒ リーチの平均点は??

 上記条件はかなり参考になるので覚えておいて損はないぞ~

【勝ち組の選択】完先とは?

「完先」 という言葉を知っているだろうか?


 
 「完全先付け」の略で、「クイタンと先付けを禁止」というルールのことだ。
 なぜこんなルールができたのか??


  クイタンと先付けは鳴きを前提としてものだ。
  そう完先は、鳴きの威力があまりにも大きいので鳴きを抑制するためにできたルールだ。
  それほど鳴きが重要で威力大ということだ。

 
  鳴き!鳴き!鳴き!

  
 赤入り麻雀が普及した今、鳴きの技術は勝敗に直結するぞ!!

 ⇒ データで鳴きの重要性を再認識
 

【勝ち組の選択】10巡目はもはや夕暮れ時・・・

 何かしらの結果を残せず気付いたら40代後半・・・
 夕暮れ時です・・・

 
 麻雀も一緒だ!!
 若いうちに勢いで結果を出してしまう事!これが大事!
 俺はもう夕飯時ですわ・・・頑張れ若者!!

 


 満貫は狙える手でも10巡目で期待値はなんと1000点。
 1シャンテンとテンパイは天と地の差です。

 

【勝ち組の選択】巡目別役牌がポンされる確率

小倉孝の「最強デジタル麻雀」を読み、字牌切りをいざ実践!!


しかし、よく鳴かれ全然勝てなくなってしまった・・・・
あなたはそんな経験がもしかしたらあるかもしれない・・・


ただの偏りです。やはり便りはデータやな^^
 



 6巡目だと4回に1回以上は鳴かれるんやな・・・
 切るなら切る!!絞るなら絞る!でハッキリする必要があるようだ。

【勝ち組の選択】役牌のススメ

役牌をどう扱うか?って結構悩ましい・・・

 ・すぐ切っちゃう
 ・なるべく絞る
 ・配牌5シャンテン以上なら切らない

本当に色んな意見があるので俺みたいな一般ピープルは混乱しやすい「役牌の扱い方」。
そこで頼りはやはりデータだ。
IF


右下のコメントでもあるように東南戦でも強者は利用率が高いことは意外だった。
東南戦でもメンタンピンより役牌を狙うべきだったとは・・・


 ⇒ メンタンピンの確率ってどのくらい??



 ちなみにこのセクションは<先づけ>がテーマです。
 <先づけ>がテーマで、この表ってことは・・・
 福地教ならわかりますよね??^^


↓わからない人はこれ↓
 

【勝ち組の選択】待ちの形と実力の関係

 あなたが何待ちが好きか?これで大体の強さがわかってしまいます。

 ここでも何切る問題です。


 <条件>
 ●東場4巡目
 ●子
 

 
 四萬五萬六萬六萬八萬九萬九萬四筒五筒赤七索八索八索九索九索


 <答え>

 八索切り



 <なぜか?>

 八索切りはペンチャン待ちを避けた打ち方。


 データでは強者ほどリャンメン待ちが多く、タンキやペンチャン待ちが少ない。
 カンチャン待ちはリャンメン作りの過程で自然と残ってしまうため強者と弱者の間には大差はない。
 



 そして、今回の問題はリャンメンかカンチャン待ちになりうるシャンポン避け打法のため鉄八索切りなのだ。