【科学する麻雀】「良い待ち」「悪い待ち」とは

待ちの良さの順番は

 リャンメン ⇒ シャンポン(字牌含む) ⇒ タンキ(字牌) ⇒ ペンチャンスジ待ち
 ⇒ シャンポン(字牌無) ⇒ カンチャンスジ待ち ⇒その他


 では、いわゆる「良い待ち」とどこまでをいうのでしょうか?

 
 その場で状況で細かくは変わってきますが、基本的に「良い待ち」とは以下の3つ。

 ・リャンメン
 ・シャンポン(字牌含む)
 ・タンキ(字牌)

   

 リャンメンは納得いくと思いますが、字牌のシャンポン・タンキは良い待ちだという面識はないかもしれませんね。しかし、和了できた全リーチのうち上記3パターンの和了率は、70~80%に達するとのこと。


 逆に「悪い待ち」は、上記3パターン以外のものを福地氏は定義付ています。(個人的にはスジ待ちは結構好きだけどな・・)

 ただ、スジ待ちでないカンチャン・ペンチャン・シャンポン待ち、字牌でない単騎待ちは「悪い待ち」と断言できそうだ。

 
 

コメントを残す