【科学する麻雀】副露別テンパイ率

勝因を分ける要因<守り編>でもわかった通り、振り込みを少なくすることが一番の麻雀上達の肝だ!

ただ、リーチはまだしも、リーチ以外のテンパイはどう判断すれば良いんだ??という疑問がある。

「なんとなく気配を感じてテンパイしているのがわかる!!」という人がいるが、
そんな人はここでは一旦無視しておいて【科学する麻雀】らしくデータで説明しよう。

この表を見て欲しい(クリックすると拡大)


テンパイ率50%を基準にして考えると・・・
 ●3~6巡目までの3フーロ
 ●10~13巡目までは2フーロ
 ●13巡目以降の1フーロ

 テンパイ率50%なんで、振り込んでも仕方ない状況だと意識して戦うと良い。
 振り込んでもイラつきが半分ぐらいに減るし、これが大体合ってる・・・
 
 で、もう一つ重要なのは、勝因を分ける要因<守り編>に、

 ③振り込みのうちマンガン以上への振り込み回数

とあったように鳴いた相手の手がマンガン以上かどうかを意識する必要がある。

実は、極端に振り込み率が低いと逆に順位下がるとデータで記されている。
こちらの手が高く、鳴いた相手の手が安いとなれば、迷わず攻めるべきだ!

コメントを残す