【科学する麻雀】捨て牌危険度グラフ

福地氏は、

  読みはしない

考えだ。
捨て牌選択系麻雀本を見るとわかるが、確かにパターンが多すぎる。
あの全てのパターンを頭にインプットして、それを実践に移すとなるとかなりの時間と労力が伴うだろう。

その時間と労力をグッと短縮でき、かつ実践的なのががこの捨て牌危険度別グラフだ!
(クリックすると拡大)



いや~この表を本当によくできてる。思いっきり活用しよう。

コメントを残す